【キャリアインタビュー】前田啓希

前田ひろきの画像 インタビュー

社会人のキャリア支援サービスを手掛ける株式会社i3 experience。当社に所属する「前田啓希」に「どのようなキャリアを描いてきましたか?」とインタビューを実施しました。

元々どんな人だったか?

かなりの負けず嫌いで、何事も1番じゃなければ納得いかない性格でした。


なので、プライドが高く負けず嫌いな一面がありましたが、本当は自信がないタイプで、自分から人に話しかけるのがとても苦手な典型的な人見知りでした。

そして今はどんな人か?

いまだに負けず嫌いな面は変わっていません。(笑)

ただ、この部分は自分の強みだと気づいてから、何事にも強い信念を持てるからこそ積極的に行動に移すことができ、その結果、自信が持てるようになったのかなと思います。

また、自信が持てた結果、人と話すということに苦手意識がなくなり、社交性も持てたと感じています。 

なぜそのキャリアを選んだのか?

20歳から大手電機メーカーに就職し、工事関係の仕事をしてました。当時は大手に入社できたこともあり、人生勝ち組だなと思ってました(笑)

しかし、入社前に想像していた働き方と現実のギャップや、良くも悪くも年功序列の組織風土に違和感を感じ、独立という道に歩むことを決意しました。

将来どうありたいのか?

自分のありたい姿はシンプルのなのですが、「かっこいい大人」です。自分の発言や行動に責任を持ち、常に新たなことに挑戦していく大人。

まずは自分がこのあり方を確立した上で、このような大人たちを増やしていきたいですね。

未来の若い人に対して一言

僕が一番伝えたいことは、「自分自身に素直になる」ということです。

日本という国は、できないことを探す方が難しいという素晴らしい国です。

だからこそ、自分自身に素直になって、夢や理想像を全力で追ってほしいです!

インタビュー情報

前田ひろきの画像

氏名:前田啓希

経歴

・株式会社 TRACE ONE    代表取締役
・株式会社 i3 experience    講師


20歳の頃、北海道から東京に上京し、東証一部上場企業に入社。
しかし、入社前に想像していた働き方と現実ギャップや、年功序列の組織風土に違和感を感じ、22歳からビジネスの世界に。
MLMやアフィリエイト、投資といったさまざまなビジネスに取り組むものの、3年以上結果が出ない上に、お金・人間関係等、様々なものを失う。
そんなどん底の中、営業未経験ながらフルコミッション営業にてスキルを磨き上げ、4ヶ月目でトップセールスとなり、月収100万を達成。現在は、自身の経験を糧に、一人一人が自分の理想像に向かって全力で生き、理想像を現実化した先で笑顔溢れる世の中を創るべく、株式会社TRACE ONEの代表取締役、株式会社i3 experienceの講師を務める。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました